DMM mobileへのMNP転入徹底解説ガイド!

DMM mobileへMNP転入!DMM mobileの良いところ・悪いところを徹底解説!

*

格安SIMを使う場合Wi-Fiはあったほうがいい?

   

格安SIMを契約する際は、自宅にWi-Fi環境を完備することが好ましいですね。

スマホをあまり使わない方は問題ありませんが、スマホでよくネットをする方は家にWi-Fi環境がないまま格安SIMを使用した場合、データ容量がすぐになくなってしまって格安SIMに乗り換えたことを後悔することになるかもしれません。

特に格安SIMは、データ使用量の上限があるので、家でWi-Fiの環境を作り家ではWi-Fiを使い、外出先では公共のWi-Fiを見つけて使うかポケットWi-Fiを持ち歩くなど工夫が必要かもしれません。キャリアを持っていても、データの使用量を最小限にしておけば、携帯料金を少し安くすることができます。

家でWi-Fi環境がない場合、外出先などで携帯ネットを使いすぎてしまうと上限をすぐに超えてしまい遅くなってしまうことがあります。

格安SIMの場合は特に、契約してから1年間はデータ使用量を変更不可能なプラン等もあるので、それを超えないように注意が必要です。Wi-Fiがあるところでは、Wi-Fiを使うようすれば、問題なく格安SIMを格安で使うことができます。

自宅にはWI-FI環境を

スマホはWi-Fi環境に接続すると、ネットを好きなだけ使ってもデータ使用量は減りません。

「私は、パソコンはないから、Wi-Fiは必要ない」「携帯のネットですべて検索するから大丈夫!」という方もいます。しかし、たとえパソコンがなくて、携帯だけでネットを使っている人にとっても、家でネットを使う人が多くなればなるほど、ネット回線をつなげたほうがお得です。

家でネット回線を設置すると、データ使用量を気にせずにスマホでのネットが使いたい放題になるからです。スマホでWi-Fiのパスワードの設定さえしておけば、家に帰ったら自動的にWi-Fi使用に切り替わります。Wi-Fiを使わずにスマホでネットを使えば使うほどデータ容量がかさんでしまいます。特にスマホでで動画を見る人は、制限なしで動画を見たいですよね。

ポケットWI-FIとは

外出が多い人には、ポケットWI-FIという方法もあります。

ポケットWI-FIは、引っ越しをする際もわざわざもう一度ネット環境を設置する必要もなく、工事料金も必要ありません。旅行の際もどこでも持ち運びすることもできます。

ネット環境がおそらくないだろうと思われる田舎や山へ登りに行く際なども、ポケットWI-FIが有れば、電波さえ届いていればネットをどこでも持ち運び、使用することができます。

ネットが必要な時だけ、ON,OFFを切り替えられるため、電池をすぐに消耗することもありません。

Wi-Fiについてのまとめ

格安SIMへ乗り換えをお考えの方は、ネット回線を家に整えるというのが好ましいです。データ使用量は選べますが、一番低いものを選んだ場合すぐにデータがなくなってしまいます。

ネット回線をひっぱって、格安SIMに乗り換えてたとしても、キャリア1本の時よりも、携帯代の月額料金は安くなるはずです。

 - 格安SIMについて